本文へスキップ

あなたの町の目医者さん

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-6220-1110

東京都江東区豊洲5-5-10宝ビル2階

眼のトピック

緑内障の人が使えないお薬

緑内障とは、眼圧の上昇により視神経が圧迫され徐々に失われる病気です。自覚症状が現れませんので、気付かない間に進行するケースが非常に多いことが特徴です。

しかし、治療は日々進歩し「緑内障は失明する」といった概念が変わりつつあり、現代医学でも治療の難しい緑内障も一部ありますが、早期発見・継続治療により進行をとめたり遅らせる治療が研究されています。

緑内障の人が飲めない薬とは。


「緑内障の人には禁忌」「狭隅角緑内障の人には禁忌」という表示が、お薬の添付書に書かれていることがあります。

緑内障に禁忌のお薬には、副交感神経を抑制する(抗コリン作用)または交感神経を刺激する作用があり、どちらも毛様体筋を弛緩させ隅角が狭くなることから眼圧上昇が起こります。

開放隅角ですと眼圧上昇が起こるリスクはないため禁忌にはなりませんし、一時的に少し上昇した場合もすぐ元に戻ります。

しかし、狭隅角の場合は、抗コリン作用のあるお薬の影響でさらに隅角が狭くなることで緑内障発作を起こす可能性があります。

要するに、「閉塞隅角緑内障」の人に限って注意が必要だということです。

 
 【原発開放隅角緑内障】  【原発閉塞隅角緑内障】
※画像は参天製薬のものを使用しています

緑内障の多くは、「開放隅角緑内障」です。


緑内障の多くは「開放隅角」で、急性発作の心配はありません。

また、狭隅角であってもレーザー虹彩切開術の治療や白内障手術を受けていたり、眼科の散瞳検査を普段問題なく行われている方であれば、緑内障発作を起こす可能性はかなり低くなります。

急性緑内障発作の起こる「狭隅角」は、症状がなく本人は気付きません。


「狭隅角」は視神経や視野にも異常がないことが多く、健康診断でもわかりません。

発作が起こらない限り自覚症状もない為、他科でお薬を処方してもらう時に緑内障であるか問診しますが、そこで急性緑内障発作が起きる可能性を完全に防ぐことはできません。

緑内障というだけでお薬の添付書を見てご心配なさることもあるかと思いますが、実際、緑内障の多くは開放隅角ですので、眼科の主治医にそのお薬を飲んでもよいか(開放隅角か閉塞隅角か)を確認していただくのが一番安全です。

とよす駅前眼科

東京都江東区豊洲5-5-10宝ビル2階
豊洲シエルコート2階
(豊洲駅前交差点、デイリーヤマザキの隣りのビルです)
TEL. 
03-6220-1110